スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

After you!

2008.6.3

私の勤務先は、ホテルや通訳などの外国語系を必要としない。
だから日常で外国語を使うのは稀。

せいぜい、海外からの方に道を聴かれる時や海外旅行に行った時ぐらいだ。

沖縄の残波岬のホテルでの出来事。

中国か韓国かわからないがアジア系の観光客もガイド付らしく宿泊していた。

沖縄もメジャーなんだなぁと思っていたくらい。
あ、近いから気安いのかな?

エレベーターを利用した時、彼らがスーツケースを持って乗り合わせて来た。

もちろん、私たち以外にも数人の日本人も乗っていた。

最近の日本人って… 譲り合いとかが苦手なのだろうか?奥へ詰めたりしない。

ロビーのフロアに着くと、若いヒト達は我先にと降りてゆく。

誰もスーツケースを持った彼らを降ろそうとさえしない。トビラを押さえるとか
開閉ボタンを操作するとかもない。

それどころか後ろから、彼らをかき分けて降りてゆく。

大荷物を持っている時のエレベーターって、何故か片身が狭いものだ。

日本人でも譲ってもらっても、当然ってカオしている輩も増えてきた。
哀しい限りだ(´・ω・`)

彼らにとっては日本は異国。
だか言葉は違えど、行動の仕方など、そうそう異なるものでもない。

私はエレベーターの“開”ボタンを押し閉まらないようにして、彼らを先に降ろした。

After youと言葉を添えて…

彼らは“謝謝”と笑顔を添えて返してくれた。

あ、中国の方だったのね( ̄ー ̄)

別にお礼を言ってほしいから、やった訳じゃない。

焦って先を競って降りたからって何秒と変わるもんじゃない。

まして、リゾートホテルなら、かえってそんなバタバタ模様は見苦しい(-"-;)

ちょっとした周囲への配慮だと思うんだけど…。スマートじゃないな(-"-;)

リゾートじゃ、せめて気持ちにも、余裕を持ち合わせていたい('-^*)

昔のクルマのCMにあったっけね

“お先にどうぞ!ありがとう♪”
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。