スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦のにゃん'ズ。

2008.8.25

海沿いの湊町を訪れると、必ずと言ってよいほど、ネコが多い。

それもヒトに馴れたノラにゃんず。

油壺は、それほど感じないが城ヶ島は多かった。三崎には今回
行かなかったが、城ヶ島以上にいるかも知れない。

私の知る限りでは、ネコの多さは鎌倉と江ノ島がダントツ。

城ヶ島公園の駐車場を横切ろうとした時も数匹のネコがいた。

駐車場のオジサンに餌付けされているようで半ノラ状態。

エサがいいのか?皆、一様にぷっくり(≧∀≦)

ネコをかまおうとしてたら、オジサンひょっこり顔を出し、
‘どぅ?一匹持ってかない?’

オジサン、サカナじゃないんだから… (^^;)

丁重にお断りm(_ _)m

昼食処を選んでいた時、土産物屋の路上に一匹のニャンが…
旦那っちにやたらと懐いてくる。

うにゃうにゃ,ごろごろ。
なでなでをご所望。

20080823133123.jpg

はい、はい。
もう、ネコの転がる通りになでなで(笑)

20080823133154.jpg

ニャア〜♪
嬉しそうな表情( ´∀`)気持ちいいにゃあ。。
2時過ぎに城ケ島をあとにし、友人宅へ。

15年来の親友宅には、毎年8月の下旬の土曜日には必ず訪れる。

金沢八景にある海の公園で花火大会が開催される。

彼女の家は海の公園から徒歩2分。
駐車場も完備(笑)
酒もシャワーも完備(笑)
しかし、今回の天気は雨が降ったり止んだりと開催が微妙〜(--;)

まぁ、中止になったら食事会に化すだけだけど(笑)

この家にもニャンがいる。
御年15歳のどんぐり目なアメリカショートヘアー。

玄関でお出迎え♪

20080823150753.jpg

気ままニャンは、椅子にかけるや否やすぅーりすりっとかまってコール。
はい、はい。うりっ、うりっ。

なんだかネコに囲まれた1日だったなぁ(^^ゞ
スポンサーサイト

トコブシの柔らか煮。

2008.8.25

里帰り、いや違った油壺へ行った際に、天候不順で曇りがちだったが、
やはり所は油壺。

潜らないワケには行かない。
潜らなきゃ気が収まらないσ(^_^;)

海獣はエサを採りに海の中へ(笑)

一旦、海の中に入ってしまえば、温かい。

またまた潜って遊ぶこと、2時間弱。

潮の潮汐は、前回のサザエを採った時のような大潮ではなく、
今回は小潮なのであまり期待ができない。

居るかなサザエ(;¬_¬)
いない(>_<)

魚もちょっと少ない。稚魚が多いなぁ〜

でも、でも、でも!他の貝がいたヾ(^▽^)ノ

トコブシだぁ♪

なワケで、トコブシを3〜4個ゲット!

20080822153612.jpg

20080822153636.jpg

保存方法はサザエと一緒!

今回は数も少ないので、トコブシの柔らか煮に♪
作り方は至ってシンプル。

よく洗ったトコブシを、水と酒を同量づつ合わせたものをいれて
柔らかくなるまで煮る。

さらにその煮汁に醤油と砂糖を加えて好みの味に整えて、
再び弱火て20分強グツグツと煮る。

その後、一晩冷蔵庫にいれて味を染み込ませる。
翌日の夕食時には、晩酌のおつまみになるよんヾ(^▽^)ノ

アワビもトコブシも、保存方法も調理法も一緒。
来年はアワビに挑戦かっ?

海獣、再び海へ帰る。 ~油壺紀行4~

2008.8.24

金曜・土曜と1泊で行った油壺、後半戦。

天気が芳しくない(--;)

前日に潜った時も若干肌寒かった。
地上より海の中の方が数段暖かい!

地上にゃ、世間の冷たい風が吹くからねぇ(笑)

冗談はさておき、海もそんな状態だし、前日より天候不順で
期待薄。

期待通りだったのは、旅館の朝食に出た伊勢エビの味噌汁
くらい…('-^*)

20080823080239.jpg

しょうがないので、海は諦め、油壺から目と鼻の先にある
城ヶ島へ。

島といっても、橋がかかっているのでクルマで行ける。

橋を渡るには、有料道路と目して150円の通行税がとられる。
(入島時のみで帰路は徴収されない)
かなり短い距離なので有料には賛否両論だが、私は有料で
良いと考える。 自然な地形そのままの景観。

無料にしたら、世のバカどもが何をしでかすかわからない。
有料にすることで食い止められることなら、それも一理だ(゜-゜)

かなりひさびさの城ヶ島。

往きは海側から周り、帰りは小高い丘側から戻るルート。

一粒で二度おいしい。

20080823105603.jpg

海の景観は油壺とは違う雰囲気で、これまた好きだが、
丘側ルートは昆虫、特にクマゼミの楽園?と思えるほどの
クマゼミがいる。

あのシャアシャアシャアの声に、ミンミンが負けている(゜o゜;)

散策を終え、昼食は大好きなマ・グ・ロ♪

気持ち先走り、口も先走り、旦那っちのひとことで我に戻る。

‘オマエ、写真は撮らなくていいのか?’

(T_T)
食べきったあとに言うなよぉ〜

そんなことスッカリ忘れてた(>_<)

20080823121028.jpg


画像上:朝食の伊勢エビの味噌汁♪

画像中:旦那っちに‘オマエが飼えそう’と海獣扱いモード発言が
あった城ヶ島の生け簀

画像下:城ヶ島の奇石?‘馬の背’

海獣、再び海に帰る。  ~油壺紀行3~

20080822180151.jpg
2008.8.22

今月の初めにも油壺へ行ったというのに、また来ちゃった♪

また、海へ行ったのか?といわれそうだが、、、その通り!!

来月になれば、また仕事が忙しくなり、その忙しさのまま
年末へ突入する気配が濃厚><

ならば、その前にしっかりと遊んでおかねば^o^

そんなわけで、油壺へ。
そして、お宿は前回と同じ 「味な宿’静観荘’」

予約時に女将に電話を入れたら、覚えていてくれて
’何時に来るの?待ってるよぉ〜’
とってもフレンドリー♪そしてアットホーム♪
 
私たちは格式ばった旅館より、こういうフレンドリーでアットホームな
ところの方がすごく落ち着く*^_^*)

ここの旅館、前回に泊まったときに客が何を食べたのかを記してある
膨大なデータが保管されているのだそうだ。
そういえば、前回の帰り際に女将が次回来たときは、別の魚を出す
からと言っていた。

こじんまりした旅館だから出来る技なのかもしれない。
客からしてみればそんな心配りが嬉しい。

食事はすべて近海モノの魚。さかな三昧♪

さかな。さかな。さかな。さかなを食べるとぉ〜 
あたま。あたま。あたま。あたまが良くなるぅ〜
〜中略〜
さぁ、みんなでさかなを食べよぉ〜 
さかなはぼくらを待っているぅ〜♪

私の場合、あたまが良くなるかどうかは疑問だが、、
さかな料理が大好きな私たちにとっては、この宿は打ってつけ。
肉は一切でない。 さかなづくし!!
だから、胃もたれもしない。

油壺というか、三浦半島の先端は、魚が豊富。

西の関サバも有名だが、東では、この辺りで水揚げされる
‘松輪のサバ’もその名を轟かす。

相模湾は伊勢エビの水揚げ高は全国一!

夕食の伊勢エビのお造りは、まだエビがピクピクっしていた(゜o゜;)
超〜活きがいい!

20080822180133.jpg

海の幸は、
共に泳いで、見て、食べて。。
さかなって本当によいわぁ〜♪

海はやっぱり最高!

やっぱり房総('-^*)  ~鴨川紀行2~

2008.8.8

黄金風呂に朝から浸かり〜
はぁ極楽♪極楽♪

って言いたい処だが、この黄金風呂は定員1名。

周りに誰もいなかったので浸かったけど…
まぁ何の変哲もない黄金な風呂。

ありがたい… とは思わなかった罰当たりだσ(^_^;)

だって露天にあるジャグジーの方が広いし、眼下にゃ太平洋だし、
第一、気持ちいい(*^_^*)

価値観の違いかな?

ちなみに黄金風呂の入浴料は無料('-^*)
なんて太っ腹な社長だ。
この黄金風呂。
男湯にも女湯にもあり、グループのホテルにもそれぞれあるから、
全部で6器ある。 1器1億2千万だから…

はぁ〜、儲かってまんなっ(゜o゜;)

朝風呂でスッキリしたあとは、朝食。

あっという間に、チェックアウトの時間。

どこのビーチにしようか?ということになったが、
悩んだ結果、ホテルの並びにあるビーチへ。

というのも、ホテルのスパは、宿泊客は翌日のチェックアウト後も
無料で利用できるから。

本当に太っ腹な社長だ!

何気に空を見ていたら、雲が五色に輝いていた(゜o゜;)
ひゃあ〜何だか幸せになれそーな感じ。

20080808121122.jpg

こちらの方が黄金風呂より、ずーっとありがたみを感じた(*^_^*)
午後にも再び見れた。

空も北京オリンピックを祝っているのだろうか?

昼食はビーチ前にある魚料理屋で。

20080808124133.jpg

2時過ぎにビーチから引き上げスパで寛ぐ。
はぁ〜サッパリ(^-^)

そして、昨日来た道を通り帰路に。

北京オリンピックの開会式の時間にはどーにか間に合った(*^_^*)

明日は仕事なのに、夜更かししそーな、まだまだ休み気分なあちき(^^;)

ま、いっか♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。